銀行カードローンと消費者金融に発生しているメリットとデメリット

カードローンを利用するとき、銀行と消費者金融のどちらで申込む方がいいのか。
それそれの特徴とメリット・デメリットを紹介します。

銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融と比較しても年率が低く設定されているので、完済するまでのお金を少なくすることができます。基本的に年率が低く設定されているところを選択することで、完済するまでに必要なお金を減らせます。

全体的な傾向として、銀行カードローンは消費者金融よりも年率が低いので、お得にお金を借りられるのが強みになっています。

ただし銀行カードローンは、消費者金融よりも審査が厳しいので申込をしても望んでいる結果を得られない可能性が出てきます。特に収入が少ないもしくは借入状況に問題がある方は、審査に落とされる可能性が高まるので注意しないといけません。

消費者金融のカードローン

消費者金融は、銀行カードローンと比較して年率が高い反面審査が甘いという特徴を持っています。何としてもお金を融資してもらいたいと考えている方は、消費者金融を選択することで、目的のお金を融資してもらえる可能性が高まります。

しかし年率が高いので、融資を受けた場合は銀行カードローンよりも多くのお金を返済しなくてはいけません。そこで短期間で完済できるように返済計画を考えれば、支払う利息を少しでも減らせるのでお得に消費者金融からお金を融資してもらうことができます。