生命保険からお金を借りる方法

私は、プルデンシャル生命保険に加入しています。訳あってお金が必要となり、借入先を探していたところ、以前職場の上司から伺った借入方法を思い出しました。

生命保険会社から、積立型の保険を利用した借入の方法です。話を聞いたときは、なんとなくでしか思い当たりませんでしたが、いざ自分がその立場に立ったとき、ふと頭に浮かんだ言葉でした。プルデンシャル生命保険の場合、借入は積立している金額の90%とのことで、さっそく電話で問い合わせてみました。

お金を借りる時、一番気になるのが利息です。利息が多ければ、元本を返すどころか、利息分ばかり返していくことになります。幸い、プルデンシャル生命保険の貸付は、低金利で、審査も不要とのことでした。この審査も、非常にやっかいで、銀行系のローンを申し込もうとしても、審査が全く通らないのです。

普通に生きている私達がお金を借りるには、クレジットカードのキャッシングくらいしか、選択肢がなかったことを、このタイミングで知ることになるとは思いませんでした。しかし、毎月払っていた保険によって、お金を借りる選択肢が発生していたことは、私にとって、かなり驚きと、精神的な安定に繋がりました。

お金を借りる際には、良い選択肢がないか、一度自分の棚卸をしてみることをおすすめします。

土日・祝日にカードローンの即日融資を受けるコツ

冠婚葬祭など突発的に発生する緊急の出費は、曜日に関係なく突然訪れるものです。平日ならば銀行カードローンという選択肢もありますが、土日・祝日に即日融資を受けるためには、消費者金融の中でも休日審査と即借入出来る現金引き出し方法を兼ね備えた会社を選ぶ必要があります。

消費者金融の中には、平日のみ窓口営業を行っている中小消費者金融と、自動契約機コーナーを全国展開している大手消費者金融といった複数のタイプが存在します。土日・祝日に審査を行っている消費者金融を絞り込んだ上で、更に実際にお金を借りる手段がある点が重要です。

振込融資の場合には、楽天銀行やジャパンネット銀行といったネット銀行への即日融資に対応している消費者金融ならば、土日・祝日であっても審査後にすぐに借入出来ます。また、自動契約機コーナーを設置している大手消費者金融ならば、自動契約機コーナーにて専用ローンカードの発行が可能です。

即日審査後に専用ローンカードを発行すれば、全国の提携ATMで土日・祝日であっても即日融資を受けられます。また、会社名入りの健康保険証を在籍確認書類として認めてくれる消費者金融を選べば、会社が休みの日であっても在籍確認が取れたものとして認めてもらえるわけです。

参考:【お金借りる】今すぐお金を借りる即日融資

クレジットカードのキャッシングと消費者金融どちらがお得?

同じ業態でクレジットカード会社と消費者金融業者が同じ様なキャッシングのサービスを行ったりします。

カード会社で行う部分は当然カードを発行する際に限度の枠を設定してあり、そこで利用に際して直ぐに活用する事が出来てとても便利です。

同じく消費者金融業者でキャッシングのカードを発行してもらい活用する部分であれば、新規の契約となりますがそれでも初回の30日は金利が無料であったり色々と特典も多くあります。

改めて活用したい人や、即日であっても対応してもらえる所で言えば消費者金融業者はかなり活用出来る会社となります。クレジットカード業社よりも、サービスとして金利の無料期間があったりと言うサービスもあるので当然その辺りに差が出たりします。

新規で申し込む形でもこう考えると消費者金融業者を活用した方が有利になったりしますし、色々と即日対応などの部分は良いかと感じます。

こうした面倒な登録などがいやであればクレジットカードではすでに審査が終了している兼ね合いから直ぐに使えると言った部分になりそこはどちらでも良い形になります。得をしたいのであれば消費者金融はかなり有利な形が考えられる事からも新規申し込みでも良い条件となります。

参考:カードローンとキャッシングの違いはなんですか?

銀行カードローンと消費者金融に発生しているメリットとデメリット

カードローンを利用するとき、銀行と消費者金融のどちらで申込む方がいいのか。
それそれの特徴とメリット・デメリットを紹介します。

銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融と比較しても年率が低く設定されているので、完済するまでのお金を少なくすることができます。基本的に年率が低く設定されているところを選択することで、完済するまでに必要なお金を減らせます。

全体的な傾向として、銀行カードローンは消費者金融よりも年率が低いので、お得にお金を借りられるのが強みになっています。

ただし銀行カードローンは、消費者金融よりも審査が厳しいので申込をしても望んでいる結果を得られない可能性が出てきます。特に収入が少ないもしくは借入状況に問題がある方は、審査に落とされる可能性が高まるので注意しないといけません。

消費者金融のカードローン

消費者金融は、銀行カードローンと比較して年率が高い反面審査が甘いという特徴を持っています。何としてもお金を融資してもらいたいと考えている方は、消費者金融を選択することで、目的のお金を融資してもらえる可能性が高まります。

しかし年率が高いので、融資を受けた場合は銀行カードローンよりも多くのお金を返済しなくてはいけません。そこで短期間で完済できるように返済計画を考えれば、支払う利息を少しでも減らせるのでお得に消費者金融からお金を融資してもらうことができます。